伊予鉄道ホーム   >   ICい〜カード   >   オートチャージサービス   >   オートチャージ適用上の注意

オートチャージ適用上の注意

例1:定期区間内で利用する場合

定期区間内の利用時も、SF残額がオートチャージ判定金額未満の場合はオートチャージが適用されます。

[オートチャージ設定]判定金額:1,000円、実行金額:2,000円

A駅 入場 入場前SF残額:200円
入場後SF残額:2,200円
+2,000円オートチャージ
郊外電車 定期区間
B駅 出場 出場前SF残額:2,200円
出場後SF残額:2,200円
SF利用 0円

例2:駅の自販機で決済した場合

改札では入場時にオートチャージが適用されるため、改札入場後、駅構内の自販機でSF利用した場合は、改札出場時に残額不足エラーとなる場合があります。

その場合は、窓口にて現金払いか、現金によるチャージでの対応となります。

[オートチャージ設定]判定金額:1,000円、実行金額:2,000円

A駅 入場 入場前SF残額:1,100円
入場後SF残額:1,100円
オートチャージ適用なし
 
買い物 A-B駅ホーム内の
自販機

SF残額:100円
SF利用額:1,000円
 
B駅 出場 出場前SF残額:100円 残金不足エラー
→現金払い/現金チャージ

例3:高額決済の場合(タクシー等)

オートチャージ実行金額が、SF利用額に到達しない場合は、SF利用額に到達するまで「オートチャージ実行金額」が繰り返し入金されます。

[オートチャージ設定]判定金額:1,000円、実行金額:2,000円

(例)タクシー代:10,000円決済の場合

決済前 SF残額:800円
 
決済時 SF残額:10,800円 オートチャージ2,000円×5回=10,000円
SF利用額:10,000円
 
決済後 SF残額:800円

注 意

オートチャージは、運賃精算“前”のSF残額を基準に適用されます。運賃精算前のSF残額がオートチャージ判定金額以上の場合は、オートチャージは適用されません。
上記(例)で、運賃精算前の時点でSF残額が1,000円だった場合、オートチャージは適用されず、「SF残額1,000円+現金9,000円」または全額現金での支払いとなります。
繰り返しオートチャージにより、オートチャージ日内限度額(3万円)を超える場合は、オートチャージは適用されません。(オートチャージ額0円)
上記(例)の場合、運賃精算前の時点で日内オートチャージ累計額が25,000円であった場合、2,000円×5回=10,000円オートチャージするとオートチャージ累計額が3万円を超えてしまうため、オートチャージは適用されず、「SF残額800円+現金9,200円」または全額現金での支払いとなります。