伊予鉄道ホーム   >   企業情報・採用情報   >   「健康経営」について 

「健康経営」について 

健康づくりによる人財育成への取り組み

従業員の健康管理や健康づくりの推進は、医療費の削減だけでなく、生産性の向上や従業員の創造性の向上など、企業経営にとって非常に重要なテーマです。「健康経営」が積極的に行われるためには、その主体となる経営陣と従業員が、お互いに明確な価値を認識し、共有することが重要です。

伊予鉄道では、基本方針と健康経営宣言そして体制を確立し、PDCAサイクルによって、従業員の健康づくりを推進していきます。

基本方針

伊予鉄道は、従業員を大切な財産と考え、安心して働くことのできる健全かつ安全な職場環境を作ります。

健康経営宣言

「伊予鉄グループは、安全で良質なサービス・商品を提供し、地域とともに歩み、ともに発展します。」という経営理念のもと、お客様に安全かつ安心を提供する従業員の健康こそが、重要な経営資源の1つと考えております。そして、この従業員の健康維持・向上に努めることこそが、1人1人のパフォーマンスにつながり、当社、そして地域の発展につながります。

今後も、お客様に喜んでいただける企業を目指し、従業員がいきいきと働き続けられる労働環境を整備するため、従業員の健康増進に積極的に取り組んでいくことを宣言いたします。

※「健康経営」は、特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です。

取り組み(一部)

健康経営による
人財育成

【診療・健康診断関連】
永年勤続対象者へ人間ドック無料受診
インフルエンザ予防接種 全額会社負担
【運転業務者への安全対策】
SAS(睡眠時無呼吸症候群)検査
脳ドック検査
【教育・研修】
メンタルヘルス教育の実施
通信教育やカルチャースクールにおける
健康関連講座への補助
【その他】
職場復帰支援プログラムによる
メンタルヘルス不調の再発防止
社内スポーツ大会の実施