ホーム   >   いよてつ高速バス   >   高速バスにおける新型コロナウイルスの感染防止対策について

高速バスにおける
新型コロナウイルスの感染防止対策について

高速バスにおける新型コロナウイルスの感染防止対策について

伊予鉄バスでは、高速バスをご利用いただく皆様に安心してご利用いただくため、以下の感染防止対策を行っております。

ご利用の皆様へのお願い

  • バス車内では、マスクの着用をお願いします
  • 車内では、極力会話をお控えください。
  • 発熱や体調不良時は乗車をご遠慮ください。

感染防止対策

  • 乗務員は、乗務前に検温を実施するなど体調管理を徹底することに加え、乗務時にはマスク着用を義務付けます。
  • 車内の混雑緩和のため、あらかじめ座席間隔をあけるなど総数を制限して、当面の間運行いたします。また、乗務員から他の空席への移動をお願いする場合もございます。
  • 車内に手指消毒用液剤を設置しております。ご自由にお使いください。
  • 車内空調を「外気導入モード」で運行することで、走行中の車内換気を行います。
    (約5分で車内の空気が入れ替わります)また、休憩や待機時間には可能な限りドアや窓を開けて換気を行います。
  • 車内の毛布(ブランケット)の配置を中止いたします。体温調節ができる上着等をご自身でご準備いただきますようお願いいたします。
  • 運行終了後は、車内の清掃・消毒を実施します。
伊予鉄