HOME   >   スペシャルコンテンツ   >   第3回 伊予鉄グループ交流会

第3回 伊予鉄グループ交流会

第3回 伊予鉄グループ交流会

伊予鉄グループでは、魅力ある会社・職場づくり、そして「強い伊予鉄グループをつくる人づくり」を目的に、2019年3月27日に「第3回伊予鉄グループ交流会」を開催しました。

【2019年2月】募集開始

伊予鉄グループ交流会申込みチラシ

伊予鉄総合企画㈱の若手デザイナーにチラシを作成してもらい、募集開始。新入社員を含め、71名が参加者として集まりました。

今回の交流会は、伊予鉄総合企画㈱の指定管理施設である「えひめこどもの城」で開催。
どのような交流会になるのでしょう。楽しみ♪

【2019年3月】グループ交流会当日

集 合

■12:30
参加者は、チームごとに分かれて集まり写真撮影をします。
初対面の人が多いので、笑顔の中にも緊張が伝わってきます。交流会を通じて素敵な笑顔を見られるといいな。

出 発

■12:45
㈱伊予鉄グループ本社出発。大型と中型のバス2台に分かれて出発します。
運転担当はもちろん安全・安心の伊予鉄バス㈱の運転士。
立ち姿勢もきれい!安心して任せられますね。

■13:00
参加者を乗せたバスは「えひめこどもの城」へ向かいます。
バスで隣り同士になった人とも、少しずつ打ち解けてきたようです。

到 着

■13:20
「えひめこどもの城」に到着。バスを降りて、最初の会場となる「森のとりで」まで歩きます。
かわいい木々も見守ってくれています。
かなりの距離がありましたが、さすが若手!みんな元気いっぱいです。

ワーク

■13:40
「森のとりで」では、緊張がほぐれるよう、さまざまなワークを行いました。最初は、「握手ゲーム」
12名の人と握手した後、10番目に握手した人を探します。
「あれ?この人だったかな?」お互いに確認し合います。

■14:00
次の「手合せゲーム」では、向い合った人の心を読み取り、お互いの手のひらを合わせられたら成功です。
息を合わせて「せーの、はい」。
手のひらを合わせられても、合わせられなくても、みんな笑顔になるゲームです。

■14:10
最後は、チーム対抗戦の「X(エックス)ロープバトル」
1対1または2対2でロープをひっぱり合い、その場から動いてしまったチームは負けとなります。
今までの個人ワークとは異なり、チーム力が高まります。

ポイントラリー

■14:30
チーム力が高まったところで、今回のメインイベント「えひめこどもの城ポイントラリー」が始まりました。
地図と指示書が配られ、各チームとも、高得点を狙って相談中です。
これから約2時間で、どれだけのポイントを回りミッションをクリアできるのでしょうか。

■14:50
ポイントラリースタート!制限時間内にポイントをいかに多く獲得できるかが勝負です。

【冒険の丘ゾーン】てんとう虫のモノレール

【冒険の丘ゾーン】ボブスレー

【創造の丘ゾーン】砥部焼づくり

みんな真剣です!

【創造の丘ゾーン】思い出ボードづくり

【イベント広場ゾーン】スワンボート

「もう1箇所狙えるかな?」制限時間とポイントゲット、
どちらを狙うか相談中。

「よっしゃ、着いたー!!」
チームみんなで無事に帰ってきました。

記念撮影

■16:45
全員がポイントラリーから戻ってきました。
今回のグループ交流会の記念に全員で「はい、チーズ♪」
まぶしかったけど、みんな素敵な表情になりました。

■17:00
待ちに待った夜ごはんは、「I♡RIVAGE(アイ・リヴァージュ)」
実はここ、有名ホテルの元総料理長だったシェフのお料理が味わえるんです。なんて贅沢なひとときなんでしょう。
料理をとる顔つきは真剣ですが、食べる時には、表情も緩みます。

表彰式・野球拳大会

■18:30
ポイントラリーの結果発表。
準優勝は・・・Hチーム!
㈱伊予鉄会館の食事券が進呈されます。

「ということは、優勝はうちのチームか?」と驚きの表情。
優勝のCチームには、㈱伊予鉄髙島屋の商品券が進呈されます。
チーム全員の商品券を握りしめ、優勝インタビュー。輝いて見えます。

■18:45
賞品をゲットできなかった人にはビッグチャンス!
伊予鉄発祥の「野球拳」でじゃんけんをし、優勝者には、な、な、なんと
㈱伊予鉄髙島屋の商品券を進呈。さあ、どんな戦いになるのでしょう。

この男に法被を着せると、顔が変わります。
※一応、課長補佐です

「アウト、セーフ、ヨヨイノヨイ♪」
だいぶノリノリになってきました。

「じゃんけん ぽん。キャー負けた…。」

「野球拳」大会を制したのは、本日入社したばかりの新入社員。

 第3回グループ交流会でも、たくさんの笑顔を見ることができました。
 今回の経験は、今後の業務そしてプライベートにおいても、きっと役立つことと思います。
 笑顔の裏には、見えないところでグループ交流会を支えてくれたスタッフがいることを忘れないでください。
 いつか皆さんが、お客様や後輩の笑顔を生み出すお手伝いができますように・・・。

アンケート結果&参加者の声

性別

50
21
合計 71

年齢

10代 25
20代 40
30代 6
合計 71

応募動機

自分で希望 24
勧められて 47
合計 71

参加して良かったか

良かった 65
良くなかった 3
分からない 2
未記入 1
合計 71

交流を深めることはできたか

できた 67
できなかった 0
分からない 3
未記入 1
合計 71

印象に残ったこと・感想

  • 前回よりも多人数で、より楽しい交流会ができた。
  • 工夫のあるレクリエーションで、初対面の人とも自然に仲良くなれるイベントばかりで楽しかった。
  • チームや、他の会社・部署の同期・先輩・後輩と楽しく交流を深められた。
  • 横の繋がりを築けた。「強い伊予鉄グループ」づくりのきっかけとなった。
  • 他社の人と情報交換ができた。
  • 伊予鉄グループ全体の雰囲気が分かって良かった。
  • グループの連携の重要さをあらためて認識できた。
  • 職場が離れている同期とも、普段はできない話などをして交流できた。
  • コミュニケーション力がついた。
  • 先輩がとても優しかった。
  • 優勝できたこと。
  • 食事がとても美味しかった。
  • 矢野課長補佐の野球拳にかける思い。野球拳が楽しかった。松山まつりにも参加したい。
  • 「えひめこどもの城」が思った以上に広い!!
  • バス移動が少なかったので良かった。
  • 久しぶりに良い運動になった。ストレスも解消できた。
  • すごく良い企画だった。最高に楽しかった。来年以降もずっと続けてほしい。
  • 定年になるまで参加したい。

など