HOME   >   先輩からのメッセージ   >   IYOTETSU のはたらく女性   >   株式会社伊予鉄髙島屋:織本 史

IYOTETSU のはたらく女性 Vol.003

PROFILE

株式会社伊予鉄髙島屋
総務部人事グループ / 係長
織本 史(オリモト フミ) / 入社 16年目 平成29年7月 現在

1日のスケジュール

5:30 起床
6:00 洗濯、朝食
7:00 子供を学校へ送り出す
掃除、新聞に目を通す
8:00 通勤
9:00 出社
  デスクワーク
13:00 昼食
  デスクワーク
18:30 退社
19:00 買い物、帰宅
お風呂、夕食
22:00 読書、テレビ、翌日の準備
23:30 就寝

お仕事内容

各部署の異動を経て、4年前より人事グループで労務を担当しています。直接お客さまと接する機会が少ない職場ですが、従業員がお客さまに笑顔を提供できる土台となれるよう努めています。

主な仕事は、給与計算、社会保険に関することです。もちろんどちらもミスが許されない期日厳守業務で神経を使いますが、その分こつこつ、ひとつひとつやり終える安堵感、達成感を毎月味わうことができます。

今の仕事を選んだきっかけ

幼少の頃より、百貨店好きの子供でした。電車を降りるとすぐキラキラした世界、夢の場所だったのでしょう。また、颯爽と歩かれていたきれいなお姉さん(従業員)にも憧れたものです。その想いは成長しても変わらず、就職活動も一社のみ。縁あって採用していただけましたが、今でも思います。

私の武器は、「ただ、ただ百貨店が大好き」と言う熱意だけだったなと。

働いてよかったこと

売場勤務の時、こんなことがありました。県外からのお客さまでお困りのご様子だったので、接客をさせていただきました。ごく普通の対応だったと記憶していますが、数日後会社に一通のお葉書が。文面には私のことが書かれていました。

今思えば、「必要とされている方に、必要なことをさせていただく。」心と心が通った一瞬だったのかなと思っています。

今の職場環境は?

一言で言えば、和やかな職場環境だと思います。私は日頃、良い環境に身を置くことが、良い仕事につながると思っています。お互いに認識の共有ができていなければ、仕事時間を浪費しかねません。ミスは特に許されない職場です。

これからも緊張感を持ちつつ、明るい職場作りを目指したいと思っています。

オフの日の過ごし方

母親業に徹することにしています。子供中心の旅行をはじめ、ドライブ、温泉、映画(と言っても今はほとんどアニメ)などです。ごくたまには女子会、女子旅も。

最近は学校の宿題も多くなり遊んでもらえない時間が増え、それではと「タカシマヤグループ通信教育講座」を各種受け、子供と一緒に勉強しています。

これからの人生プラン

心の師と仰ぐ「相田みつを」より、「おなじやるならば本腰を入れてやってごらん。そのほうがつかれないでたのしいから。」と、「歩くから道になる。歩かなければ草が生える。」この精神で、この先も前を向いていきたいと思っています。確か、「一生けんめいに生きている人の顔は、みんな美しい。」とも。

そんな思いの実現のためにも、一日一日を大切にし、今日に全力を尽くしたいと思っています。